WordPressでLet’s Encryptから無料のSSLをインストールする方法

  1. 1. HTTPSとは何か、なぜそれがそれほど重要なのか?
  2. 2. 現在読んでいる: WordPressでLet’s Encryptから無料のSSLをインストールする方法

前回の記事で、なぜHTTPSサイトが優れているのか、なぜ以前は広く採用されていなかったのか、なぜ(技術的に)厳しく制限されているのかを探りました。これはテクノロジーの進歩により急速に変化したため、現在HTTPSサイトを使用することは単なる推奨事項ではなく、新しいWordPressインストールの実行可能なオプションです。.


多くのホスティング会社が組み込みサポートを提供し始めていますが Let’s Encryptの無料のSSL証明書 すべてのホストがボードにジャンプしたわけではありません。この記事では、ホスティングシナリオに応じて、WordPress内に無料のSSLを手動で実装するいくつかの方法について説明します。入りましょう!

無料のSSL証明書を生成する

Let’s Encrypt証明書を生成する方法はいくつかあります。このセクションでは、選択した方法に応じてSSLを作成およびインストールする方法について説明します。証明書が生成された後、次に進みます 証明書をロードする. ニーズに応じて、最も気分が良い方法を使用してください.

ZeroSSL Online経由

ZeroSSL ホスティング上の単一の構成ファイルに触れる必要なしにLet’s Encrypt証明書を生成する素晴らしい方法です。ウェブサイトはオンラインツールであり、証明書を生成するとファイルのコンテンツが表示されるので、選択したホスティングプロバイダーにロードできます。.

zerossl-website

このプロセスは初心者には適しておらず、必要なすべてのソフトウェアをインストールする必要があるよりも証明書を生成する方法がはるかに優れているため、インストールはお勧めできません。代替 オンラインツール 逆にオプションは優秀です。ボタンをクリックするだけで始められます.

zerossl-website-01

メールアドレス、ドメイン名を読み込み、TOSに同意すると、独自のアドレスを生成します 証明書リクエスト. 大多数のパネルとの互換性を計画している場合の最良の代替策は、 DNS検証.

CSRを生成したら、[次へ]ボタンをクリックして生成します 証明書キー. 少し時間がかかります。キーが生成されたらコピーして貼り付け、安全な場所に保存します。ただし、リッチテキストエディターを使用しないでください。この種のソフトウェアは、証明書とキーのコードに干渉する可能性のある追加の文字を追加します。フォーマットなしでTXTとして保存する必要があります。 何も削除せずに、指定されたとおりの方法で.

zerossl-website-02

鍵が生成され、コンピュータに正しくコピーまたは保存された後、ドメインレコードを確認するよう求められます。このステップでは、コントロールパネルにアクセスして、 TXTレコードを追加する 画面に表示されているとおりに変更します(この方法については、後の投稿で説明します)。レコードが追加されたら、変更が反映されるまで少なくとも5分待つ必要があります。 次 その後.

すべてが機能している場合、ZeroSSLは証明書を生成し、 おめでとう 保存する機会があるページ 実際の証明書 そしてその 認証局バンドル.

この方法の良い点は、WordPressやホスティングパネルに何もインストールする必要がないことですが、欠点は60日ごとに証明書を再作成する必要があることです。これは、あなたが管理するウェブサイトがたくさんあります。 WordPressでなくても、証明書をサイトにすばやく追加するための優れた方法であり、一般的なため、どのシステムでも機能します.

独自のVPS /サーバーでCertbotを使用

あなたがしているなら Debian 8 あなた自身のVPSでは、のインストールは非常に簡単です、簡単にこのコード行を追加してください:

sudo apt-get install certbot -t jessie-backports

現在のWebサーバーを停止して、ポート80がcertbotを適切に実行できるように解放する必要があることを忘れないでください。これは次のように実行できます。

サービスhttpd停止
サービスnginx停止

その後、証明書を取得するために必要なことは、インタラクティブプロセスを開始するために次の行を実行することだけです。

certbot certonly

あなたがしているなら CentOS 次のようにcertbotをインストールする必要があります。

sudo yum install epel-release
sudo yum install certbot

そしてDebianと同じようにします。プロセスは自動ですが、ファイルを適切に管理し、それらをapacheまたはnginxのいずれかでvirtualhostsファイルに追加する方法に注意する必要があります。詳細については、チェックアウトできます サートボット 地点.

WordPress Let’s Encryptプラグインを通じて

wp-lets-encrypt-plugin

これは 最も簡単な方法 WordPressを使用している場合は証明書を追加します。VPSを所有している場合でも、この方法は はるかに簡単 完全に自動化されているため、Certbotに作業を行わせるよりも。それはと呼ばれるプラグインを使用します WP Let’s Encrypt からダウンロードできます WordPress.org.

プラグインが読み込まれたら、次のようにプラグインにサイトを登録する必要があります。

wp-lets-encrypt-plugin-01

証明書を常に自動生成するオプションを常に設定することをお勧めします 活発な オプションの「期限切れ警告」と同様。このようにして、何か問題が発生した場合、有効期限切れの可能性について常に警告されます。この情報が完了したら、次に進みます 登録 貴方のアカウント。これにより、プラグインがLet’s Encryptサーバーに直接接続できるようになり、これにより効果的に プロセスを削除する する必要があるの ドメインを検証する (これはクールなだけでなく、時間の節約にもなります!).

wp-lets-encrypt-plugin-02

ここがトリッキーな部分です。証明書が生成されて完全にアクティブ化された後、実際のファイルへのパスが「public_html」フォルダー内にないことに気づくので、手動でそれらのファイルをダウンロードして、証明書をコントロールパネルにロードする必要があります(ここでも、次のセクションで証明書をロードします).

プラグインが60日後に証明書を再発行すると、証明書は同じになるので、 このプロセスを再度行う必要はありません 自己管理システムを効果的に作成するため、最初はトリッキーです.

SSL証明書を読み込む

ニーズに最適な方法を選択し、生成された証明書を取得したら、それをパネルにロードします。 cPanel、Vesta、その他のパネルを使用している場合は、ファイルエクスプローラーまたはFTPを使用する必要があります( 送信する または Filezilla このため)、次のファイルをダウンロードします(注:これらのファイルへのルートは、証明書が生成されると、WordPressプラグインによって常に提供されます)。

  • cert.pem
  • private.pem
  • chain.pem

ファイルを入手したら、次のステップに進むことができます.

cPanel

cPanelの場合、プロセスは非常に単純であり、証明書を SSL / TLS メニュー。このメニューにアクセスするには、cPanelに「SSL」と入力するだけです。 探す.

cpanel-01

アクセスする必要があります サイトのSSLをインストールして管理する(HTTPS) メニューに証明書をロードします。

cpanel-02

このように、各ファイルから次のボックスにコードをコピーして貼り付けます。

  • ファイル cert.pem コンテンツは証明書(CRT)に入ります
  • ファイル private.pem コンテンツは秘密鍵(KEY)に入ります
  • ファイル chain.pem コンテンツは認証局バンドル(CABUNDLE)に入ります

それでおしまい!新しいLet’s Encrypt証明書 ドメインでアクティブである必要があります. プロセス全体は最初は数分かかる場合がありますが、非常に簡単なので、 WP Let’s Encryptプラグイン 証明書をロードする cPanel 慣れてから1分もかかりません!

VestaCP

Vestaは、cPanelよりも証明書のロードに関してユーザーフレンドリーです。 Vesta File ExplorerまたはFTP経由でファイルをダウンロードしたら、次のようにHTTPからHTTPSに切り替えて、ドメインメニューにファイルをロードする必要があります。

vestacp-01

それぞれのファイルの内容をロードします そのまま(コピー&ペースト) 何も追加または削除せずに、次のボックスにこの順序で:

  • ファイル cert.pem コンテンツはSSL証明書に入ります
  • ファイル private.pem コンテンツはSSLキーに入ります
  • ファイル chain.pem コンテンツはSSL認証局/中間体に入る

vestacp-02

コンテンツを読み込んだら、クリックするだけです セーブ そして出来上がり! Webは即座にSSLに変換されます。これがすべて初期設定であることを忘れないでください。証明書が読み込まれたら、WordPressプラグインを使用して証明書の再発行を自動化することを選択できます.

SSLセットアップの完了

証明書がアクティブになると WordPressに指示する必要がある 接続にSSLを使用するには、次のようにします。

wordpress-ssl

クリックしたら セーブ HTTPSのみのサイトが作成され、Googleの設定を変更して、SEOをさらに調整できるようになります.

結論

この記事では、無料のSSL証明書を作成してホスティング環境にロードする方法についていくつか学びました。. 箱から出してすぐにLet’s Encryptをサポートするホスティングプロバイダーがすでにあり、これはそのサービスのチュートリアルではありません. ホスティングに直接Let’s Encryptメソッドがない場合は、このチュートリアルは手作りです。すべてのメソッドの中で、 WordPressプラグインとcPanelまたはVestaの組み合わせ プラグイン自体によって処理されるため、すべてのメソッドの中で最速で、1分以内で再発行を忘れる自由が得られます。.

HTTPSの初期の頃から技術は大きく進歩しており、Let’s Encryptの登場により、誰でも一般的に利用できるようになりました。もちろん、オンラインストアなどのウェブサイトが プレミアム証明書を購入する必要があります 詐欺の場合にカバーしますが、それ以外の場合は無料の証明書が残ります.

WordPressインストールをHTTPSにアップグレードしましたか?あなたの考えは何ですか?下のコメントで教えてください.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map