究極のWordPress DNSガイド

究極のWordPress DNSガイド

DNSはドメイン名システムの略で、ご想像通り、ドメインの制御に使用されるシステムです.


あなたが開発者でない場合、DNSは恐ろしいトピックになる可能性があります。知っておくべきですが、私は何年も前に、DNSに変更を加える必要があるのを恐れていました。番号、名前、値を含むさまざまなレコードがたくさんあり、初めての場合、システムは少し圧倒される可能性があります.

しかし、恐れることはありません。DNSの人がここにいます!ここでは、Aレコード、ネームサーバー、MX値の終わりのない混乱を解明します。.

DNSとは?

ドメインネームシステムを表すと言ったのは知っていますが、これはおそらく初心者にはあまり意味がないので、簡単な例を示します。 DNSはインターネットの電話帳のようなものです。ドメイン名は電話帳に保存され、DNSシステムを使用してIPアドレスに変換され、訪問者にWebサイトを提供します.

WordPressでの作業に関する限り、DNSは通常、誰かがドメインにアクセスしたときに表示されるドメイン、およびさまざまなサービスとの相互作用を参照するために使用されます。たとえば、Aレコードは、Webサイトがホストされている場所と、 MXレコード メールを管理する.

AレコードがWPエンジンのホスティングアカウントのIPアドレスを指している場合(およびWebサイトのファイルとデータベースがそこにある場合)、他のルールが適用されていない限り、アクセスしたときにWPエンジンのWebサイトがドメインに表示されます.

ドメインの登録

DNSを管理するには、まずドメインが必要なので、ドメイン登録プロセスから始めましょう。これは非常に簡単です。.

ドメインを登録するには、Namecheapなどのドメインを販売している人にアクセスする必要があります。 Namecheapはすべてのドメインで無料のプライバシー保護を提供しているので、ドメインをホスティングから分離しておいても構わないのであれば当然の選択です.

Namecheapドメイン登録

ドメインの登録に関しては、次の2つのいずれかを実行できます。

  1. Namecheapなどのドメインにドメインを登録し、他の場所でWebサイトをホストします.
  2. ホスティングを購入したのと同じ場所にドメインを登録します.

セキュリティ上の理由から、Webサイトを1か所にホストし、ドメインを別の場所に保存することを推奨する人もいます。理論的には、誰かがあなたのウェブサイトとドメインの両方を同時に制御することは難しいでしょう.

使いやすさのためにすべてを1つの屋根の下に保つことを好むクライアントがいます。それは本当に個人の好みにかかっており、あなたのアカウントにアクセスできる人の数とその能力に応じてどのようなセキュリティの層が必要ですか.

DNSの管理

DNS管理はどこからでも処理されます ネームサーバー 住む。ネームサーバーがドメインレジストラーに存在する場合は、ログインして[ドメイン]セクションにアクセスするか、特定のドメインのDNSを編集します.

ネームサーバーがまだわからない、編集していない場合は、ドメインを登録した場所にログインしてDNSを編集できます.

ドメインを購入するときはいつでも、 完全なドメイン制御. 市場に出ている安価なプロバイダーの中には、完全なドメイン制御を提供していないものがあるため、DNSのすべての要素を管理することはできません。これは、販売Webサイトからこれを確認できない場合、購入する前にサポートで明確にする必要があります。.

WordPress DNSの管理に関しては、作業する可能性が高い4つの主要なレコードがあります。.

DNSレコードのタイプ

Aレコード

A Webサイトが指し示されているレコードコントロール。ドメインをポイントすると、その場所で見つかったWebサイトを表示するようにドメインに指示します IPアドレス. Aレコードを使用して、他のレコードを変更せずに、他の場所でホストされているWebサイトをドメインに指定できます。.

ネームサーバー

ネームサーバーは、ドメインDNSを担当するプロバイダーを制御します。つまり、ネームサーバーを変更すると、別のプロバイダーがDNSを管理できるようになります。ネームサーバーを変更すると、別のプロバイダーがすべての関連レコードを管理できるようになります.

ネームサーバーの変更方法によっては、一部のDNSレコードが壊れる可能性がありますが、ネームサーバーを別のプロバイダーに切り替えている間、レコードを同じに保つことができます。この理由でネームサーバーを変更するときは常に細心の注意を払い、確信が持てない場合は助けを求めてください.

CNAMEレコード

CNAMEレコードは、たとえば、WWW Aレコードが@ Aレコードを指すようにする場合など、あるIPアドレスを別のIPアドレスにエイリアスするために一般的に使用されます。つまり、www.yourwebsite.comがyourwebsite.comを指すようにします.

MXレコード

MXレコードは、ドメインのメールの送信元と受信方法を管理します。たとえば、メールにG Suiteを使用することは、メールの人気の傾向であり、MXレコードをG Suiteに必要なレコードに設定する必要があります.

ポインティングドメイン

ドメイン名を指すことは、私が行う最も一般的なDNS関連のタスクです。これには、ドメインの変更が含まれます 記録 ドメインが別の場所に保存されているWebサイトをロードするように、別のIPアドレスに.

ドメインをポイントする必要がある場合の例は次のとおりです。

  • ドメイン名がウェブサイトとは別の場所に保存されている
  • ウェブサイトを別のホスティングプロバイダーに移動したい
  • 複数のドメイン名があり、すべて1つの場所を指すようにしたい

ドメインをポイントする方法

AとCNAME

ドメインをポイントするための詳細な手順は次のとおりです。

  1. まず、ドメインをポイントするAレコードのIPアドレスを変更するとどうなるかを理解します。既存のWebサイトはユーザーに表示されなくなり、DNSが伝搬(更新)された後、新しいIPアドレスにあるWebサイトがユーザーに表示されます.
  2. 宛先ホスティングアカウントのIPアドレスまたは共有IPアドレスが必要です。これには、cPanelにログインし、通常左側に表示される統計を確認することでアクセスできます。.
  3. 新しいホスティングアカウントに正しく設定されたWordPressウェブサイトがセットアップされ、ファイルをドメインをサブフォルダーとして使用して、またはアカウントのドメインのみの場合はpublic_htmlに保存されている必要があります。.
  4. ポイントするドメインのDNSにアクセスし、@とWWWのAレコードを変更します。 @とWWWの値を、ホスティングcPanelから取得した共有IPアドレスに設定します。または、WWWのCNAMEエイリアスがあり、その値が@に等しい場合は、@レコードを変更するだけで、WWWが自動的に更新されます.

ドメインのリダイレクト

DNSリダイレクトの管理

ドメインをポイントすることとはまったく異なります。ドメインのリダイレクトには、cPanel内の301永続リダイレクト設定の使用が含まれます.

DNSリダイレクト

効果は同じです。ユーザーがold-domain.comにアクセスすると、それらはnew-domain.comに送信されますが、これは達成される方法に違いがあります。.

これは、リダイレクトを管理するときにSEOが気になる場合は、SEOスペシャリストと話し合うためのものです。.

アドオンドメインの管理

1つのホスティングプランで複数のウェブサイトをホストできることをご存知ですか?しなかった場合は、おやつになりました!

アドオンドメインは、ホスティングプランに追加されたプライマリドメインではないドメインです。これは、アカウントを開いたドメインです。.

アドオンドメインは、ホスティングアカウント内に独自のサブフォルダーを持っているため、public_htmlのアカウントのルートにファイルがあるプライマリWebサイトとは独立して存在します。.

アドオンドメインのDNSを管理するには、次の手順を実行する必要があります

  1. ホスティングプランにドメインを追加します。これは、cPanelにアクセスし、[アドオンドメイン]セクションをクリックして行うことができます。サブドメインの場合、使用する予定がない場合は、「テスト」または同様のものに設定します.
    DNSアドオンドメイン
  2. アドオンドメインのAレコードを設定して、その値が 共有IPアドレス あなたのホスティングプランの
  3. WWW AレコードのCNAMEエイリアスがあることを確認するか、WWWのAレコードを作成し、その値をホスティングプランの共有IPアドレスと等しくします

素晴らしくてシンプルですよね?以前に、DNSレコードを変更するさまざまな方法について説明したことを思い出してください。 Aレコードは、ドメインにアクセスしたときに表示される内容を管理するため、これは、ドメインが他の場所で管理されている場合にWebサイトをアドオンドメインとしてホストする簡単な方法です.

ネームサーバーの変更

以前に発見したように、ネームサーバーはDNSの制御をプロバイダーに割り当てます。ドメインのネームサーバーを変更すると、別のプロバイダーがDNSを管理できるようになります.

それでは、ドメインのネームサーバーを変更したい場合に備えて、ドメインのネームサーバーを変更する手順を見ていきましょう。.

  1. ドメインが保存されている場所にログインして[ドメインを管理/ DNSを管理]をクリックするか、ドメインのリストにある場合はドメインをクリックして、ドメインのDNSにアクセスします
  2. ネームサーバーセクションを見つける.
  3. 宛先プロバイダーのネームサーバーを入力し、[更新]をクリックします.
    ネームサーバー管理

可能であれば、ネームサーバーを切り替えるときにDNSを同じに保つことができるオプションを選択します。これにより、このインスタンスですべてが発生し、将来、別のプロバイダーがDNSを変更できるようになります.

ネームサーバーを変更すると、場合によっては変更に最大24時間かかることがあります。この間、DNSは管理できなくなります.

DNS伝播

サイトがダウンしたときに初めてホストに電話をかけるとき、ウェブサイトが停止した理由の解決策または修正を提案しているときに、「伝播」または「伝播」という言葉が頻繁に聞こえます.

伝播とは、「更新」の技術用語です。ホスティングプロバイダーが言っていることは、DNSに変更が加えられたためにDNSが「更新中」であるということです(問題がDNS関連である場合、それはよくあることです)。.

DNSの変更が世界中のインターネットサービスプロバイダーに反映されるには、「伝播」に時間がかかります。さまざまな国のISPがWebサイトに「チェックイン」し、ノードを更新して、アクセスするユーザーのWebサイトの新しいバージョンを解決し、サイトの古いバージョンを含むキャッシュをフラッシュするのに時間がかかります.

ホスティング会社は、DNSの伝播に最大48時間かかる可能性があることを教えてくれます。本当の話は、これほど長くかかることはほとんどありません。私の経験では、DNSの伝播は通常、瞬時に行われるか、数分以内に行われます。 DNSが世界中のすべての場所で更新されるまでに数時間かかる場合がありますが、プロセスは通常、ほとんどの場所で数分以内に開始されます.

経験則として、DNSを変更し、1時間以内にDNS伝播ツールを使用しても何も表示されない場合は、ホスティングプロバイダーに問題がないかどうか再確認することをお勧めします.

DNS伝播

しかし恐れることはありません。 My DNSとは を使用して、DNS伝播のステータスをいつでも確認できます。ドメイン名を入力し、ドロップダウンを使用して確認するレコードを選択するだけです.

したがって、ドメインのAレコードを確認する場合は、your-website.comと入力し、[検索]をクリックします。これは、Aレコードがデフォルトで選択されているためです。.

このツールを使用して、Aレコード、MXレコード、名前を付けたネームサーバーを確認できます.

ドメインとメールの関係

以前に私はそれを説明しました MXレコード 十分にシンプルなドメインのメールを管理する.

ただし、人々がよく見落としているのは、ネームサーバーの変更によってMXレコードが上書きされ、メールが破損する可能性があることです。.

MXレコードの破損は、ネームサーバーの切り替え時またはドメインの転送時に最もよく発生します。上記のいずれかを行う場合、ドメインのDNS、特にメールを監視している場合はMXレコードが同じであることを確認することが重要です。多くの場合、ネームサーバーを切り替えるか、ドメインを移管すると、移管アカウントからDNSを維持するオプションが提供されます.

予防策として, 常に ネームサーバーの切り替え時またはドメインの転送時にドメインDNSのスクリーンショットを撮り、何かが壊れたり意図したとおりに機能しない場合に手動で復元できるようにする.

ネームサーバーを変更するとき、DNSはホスティング会社のデフォルトDNSにスナップできます。たとえば、最近ドメインでホスティング会社を通じてネームサーバーが管理されていたがGoDaddyに登録されていたという問題に対処しました。ネームサーバーをGoDaddyに切り替えて、DNSをそこからもう一度管理できるようにする必要がありました。.

このプロセスの以前の経験があるので、ネームサーバーがGoDaddysネームサーバーを使用するように更新されると、DNSがGoDaddyのデフォルトDNSに設定されることを知っていました。 Aレコードがパークに設定され、MXレコードがG SuiteではなくデフォルトのGoDaddyレコードに設定されるため、これによりウェブサイトがダウンし、メールが破壊されることを知っていました。そのため、古いホストからコピーしたAレコードとMXレコードを手動で再作成する必要がありました。ありがたいことに、これは非常に迅速なプロセスであり、通常、DNSが伝播する前に行うことができます。.

キャッシュとDNSの関係

キャッシングは両刃の剣であり、Webサイトの速度を大幅に向上させることができますが、DNSとWebサイトの「実際のライブバージョン」を表示するときにフラストレーションの原因にもなります。.

WordPressキャッシングは、Webサイトのバージョンを保存し、それをビジターに表示します。表示するサイトのプリロードされたバージョンがすでにあるため、プロセスが高速化されます。.

この問題は、キャッシュされたバージョンと一致しない変更をWebサイトに加えると、Webサイトの古いバージョンが表示されることになります。.

これは、別の場所、つまり新しいホストからロードされたときにWebサイトがどのように見えるかを確認する必要がある場合にDNSを処理するときにイライラすることがあります。.

Aレコードを変更し、ウェブサイトを新しいホストにポイントしたとします。すべてが問題ないように見えるかもしれませんが、キャッシュされたバージョンのWebサイトを表示している可能性があります。また、キャッシュされたバージョンにアクセスしたことがないため、以前にWebサイトにアクセスしたことがないユーザーにエラーが表示される可能性があります.

これが、キャッシュとその方法を理解することが重要である理由です キャッシュをフラッシュする. キャッシュをフラッシュするということは、キャッシュを空にすることを意味します。これにより、Webサイトの新しい現在のバージョンをキャッシュ(プリロード)して訪問者に提供できます。これにより、Webサイトの新しい現在のバージョンが、あなたとそれを訪問するすべての人の両方に表示されます。.

キャッシュをクリアするには、次の手順を実行する必要があります:

  1. クリアする必要のあるキャッシュの数を把握する. あなたが持っている場合 キャッシュプラグイン, これが1つのキャッシュです。あなたが持っているかもしれません サーバーキャッシュ, たとえば、多くのホストはサーバーレベルでキャッシュします。また、 CDNキャッシュ ウェブサイトがCloudflareを使用している場合は、Cloudflareを使用します。詳細については、WordPressキャッシュをクリアする方法に関する完全なガイドをご覧ください。.
    プラグインキャッシュのパージ
    キャッシュのフラッシュ
  2. 各キャッシュをフラッシュする. プラグインを使用している場合は、CMSの[設定/ツール]またはWordPressダッシュボードにオプションがあります。そのプラグインのセクション。サーバーキャッシュの場合は、cPanel内でこれを実行します。Cloudflareの場合は、[キャッシュ]セクションから実行できます。.
    Cloudflareキャッシュ
  3. ウェブサイトをハードリフレッシュ. Google Chromeのハードリフレッシュは、CTRLを押しながらリフレッシュボタンをクリックすることで行われます。これにより、キャッシュなしでWebサイトが読み込まれ、ほとんどの場合、Webサイトの現在の状態が表示されます。監視しようとしているDNSの変更が特に重要である場合は、キャッシュとCookieをクリアし、すべての手順に加えて、安全のためにこれまで表示されたことのないデバイスでWebサイトを表示することをお勧めします。上.

CDNによるDNSの管理

コンテンツ配信ネットワーク(略してCDN)は、世界中に広がるサーバーとデータセンターのネットワークであり、訪問者に最も近いデータセンターからウェブサイトのバージョンを提供します。.

説明させてください。たとえば、あなたのウェブサイトがロンドンに拠点を置くサーバーでホストされているとします。アメリカからの訪問者があなたのウェブサイトにアクセスした場合、彼らはあなたのウェブサイトがロードするのに必要なデータを送り返すロンドンにあるサーバーにアクセスする必要があります.

あなたのウェブサイトがCloudflareのようなCDNを使用している場合、このビジターは代わりにアメリカに拠点を置く彼らに近いサーバーに誘導されます。つまり、ウェブサイトの読み込みが速くなり、ロンドンからデータが届くのを待つ必要がありません。.

これはすばらしいように思えますが、主にそうですが、DNSの管理にさらに複雑なレイヤーを追加します。 Cloudflareのようなサービスが非常に人気になっているので、Cloudflareが関係するDNSの問題を顧客が解決するのを手伝うことがよくあります。そのため、CDN関連のDNSの問題を解決するためにこのセクションを含めました。.

それはどのように機能しますか?

基本的に、Cloudflareを機能させるには、ネームサーバーの管理をCloudflareに許可する必要があります。前に、ドメインのDNSを管理するのはだれかを決定するネームサーバーについて話しました?

つまり、Cloudflareの外部でDNSに変更を加えても、変更は有効になりません。これは、ネームサーバーの動作に頭を悩ませることができない人にとって多くの頭痛の原因です。.

Cloudflareは使用中のDNSを担当するため、変更を有効にするにはCloudflare内でDNSを編集する必要があります.

Cloudflare DNS設定

ネームサーバーをホストまたはドメインレジストラーに戻すと、Cloudflareは機能しなくなり、これらの場所のいずれかから再びDNSを変更できます.

ネームサーバーで何が起こっているのかわからない場合は、 My DNSとは チェックする。下の画像に示されているドロップダウンでNSを選択するだけです.

Cloudflareネームサーバー

プロのヒント:DNS変更のプレビュー

そして今こそ、開発者とホスティング会社が知っているプロのヒントの時間ですが、あなたと共有することはあまりありません.

ホストファイルを使用すると、実際に変更する前にDNSの変更をプレビューできます。これは、ウェブサイトを新しいホストに移動するときに特に役立ちます.

hosts.cx

hostsファイルは、ホストをIPアドレスにマップします。これを使用して、Aレコードが何かに設定されているかのようにコンピューターにWebサイトを表示させることができます。ただし、hosts.fileは少し紛らわしい/不格好なものになる可能性があるため、より簡単に呼び出すことができる使用可能なオンラインツールがあります。 hosts.cx

hosts.cxを使用して更新されたDNSをプレビューする

このツールを使用すると、Aレコードを更新せずに、別のホストでWebサイトを表示および編集できます。面倒な作業なしで、.hostsファイルが行うすべてのことを実行します.

hosts.cxを使用するには、以下の手順に従います。

  1. ウェブサイトを新しいホストに複製します。ファイルとデータベースがエクスポートされ、正しくセットアップされていることを確認し、ファイルとデータベースを接続するために必要な手順に従ってください(.wp-configの編集など)。
  2. hosts.cxを開きます
  3. 新しいホストでウェブサイトを設定したら、新しいホストのcPanelアカウントから共有IPアドレスを取得します.
  4. hosts.cxでサーバーアドレスを要求する場所に、共有IPアドレスを貼り付けます
  5. hosts.cxのWebサイト名には、Webサイトのドメイン名を入力します
  6. [Get My Testing URL]をクリックすると、新しいホストを使用してレンダリングされるWebサイトをプレビューできます

このツールの優れた点は、新しいホストでバグをデバッグしたり、Webサイトを変更したりすることができることです。.

生成されたhosts.cx URLを使用してWordPressダッシュボードにログインすると、Webサイトがすでに新しいホストで稼働しているかのように、ファイル/データベースに保存されます。これはWordPressの繊細な移行に不可欠であり、私が定期的に使用するツールです.

DNSの概要

要約すると、WordPress DNSで作業するときにこの記事から取り上げて適用する最も重要なポイントは次のとおりです.

  1. Aレコードは、ウェブサイトをホスティングプロバイダーに「ポイント」してウェブサイトを表示するために最も一般的に使用されます.
  2. DNSの変更時に予期した結果が表示されないことが疑われる場合は、サーバー、プラグイン、およびCDNレベル(ある場合)でキャッシュをクリアします。.
  3. ほとんどのDNS伝播は、数分から1時間以内に発生します。ガイドラインによると、最大24時間かかる可能性がありますが、1時間以内に変更が見られない場合は、すべてのキャッシュをフラッシュし、ホスティングサポートにすべてが正常に機能しており、プロセスを妨げるものがないことを再確認してください.
  4. DNSの変更を実際のWebサイト/ドメインで実行する前に、常にhosts.cxを使用してプレビューしてください。 hosts.cxを使用して、ライブWebサイトで「ファイトファイト」する代わりに、問題をデバッグ/修正できます.
  5. 新しいホストに切り替えるときに、Let’s Encryptを使用してSSL証明書を再発行することを忘れないでください.

DNSの変更または管理について質問がありますか?または、追加するいくつかのヒントがありますか?下にコメントを残してください!

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map