1. 1. 現在読んでいる: WordPressテーマカスタマイザーの概要
  2. 2. WordPressテーマカスタマイザーの操作
  3. 3. WordPressテーマカスタマイザボイラープレート
  4. 4. WordPressテーマカスタマイザボイラープレートの拡張
  5. 5. テーマカスタマイザのボイラープレート–条件付きオプション、子テーマおよびプラグイン

テーマ設定ページで私がいつも嫌いだったのは、ページが大きく異なることです。すべての自動車メーカーが独自のホイール配置を使用して独自のタッチを追加しようとしていると想像してみてください。これがWordPressパブリッシャーにとって悪いことである理由がわかります。.


幸運にも、3.4以降、そして テーマカスタマイザAPI 設定ページはまったく必要ありません.

問題のブログは テーマオプションギャラリー, 「町で最高(そして最悪)のテーマオプション画面」のショーケース。ほとんどが最悪ですが、それが人気の理由だと思います。コンスタンティンによると、それを時代遅れにするのはテーマカスタマイザーです.

この一連の投稿を通して、「古い」設定ページでのテーマカスタマイザーの使用の利点を確認し、テーマカスタマイザーの仕組みを確認し、それを拡張する方法を確認し、最後に、任意のWordPressテーマで使用できるテーマカスタマイザーのボイラープレートを作成します。.

テーマカスタマイザの利点

今、私はテーマ設定ページが(悪いのか)すべて悪いと言っているわけではありません。正しく設定されていれば、WordPressダッシュボードの自然な拡張のように感じられます。カスタマイザーは、設定ページと比較して、ユーザーの頭の目隠しを外すことでテーマの設定プロセスを簡単にします.

あなたがそれを実際に見たことがないなら、このビデオ オットー 必見です:

では、テーマカスタマイザとは正確には何ですか?コーデックスによると:

テーマのカスタマイズ画面(「テーマカスタマイザー」など)を使用すると、サイト管理者はテーマの設定を調整し、それらの変更のプレビューをリアルタイムで確認できます.

テーマカスタマイザーの概要

テーマカスタマイザー には、セクション、設定、コントロールの3つの主要コンポーネントがあります。テーマカスタマイザが家である場合、リビングルームはセクションの1つであり、その中のすべてのライトは設定であり、すべてのライトスイッチはコントロールです。とても簡単です.

テーマカスタマイザーを操作するには、customize_registerアクションをフックする必要があります。そうすることで $ wp_customizeオブジェクト, のインスタンス WP_Customize_Manager すべての重労働を行うクラス。このシリーズのパート2の詳細.

すでにあります

テーマカスタマイザとのやり取りを望まず、テーマでそれを実行するだけでよい場合は、さらに簡単になります。テーマを最初から作成すると、Theme Customizerがすでに存在し、組み込みセクションが表示されます。実際、これは、空白のindex.phpと、コメントヘッダー行のみを含むstyle.cssでどのくらい得られるかです。

空白のテーマのテーマカスタマイザ

空白のテーマのテーマカスタマイザ

確かに、index.phpは何もしないので、スクリーンショットでプレビューするものは何もありませんが、それが目的です。テーマの開発者であれば、Theme Customizerは「いつでも準備ができたらいつでも!」と叫びます。 WordPressテーマで使用しない理由はありません.

デフォルトセクションは他にもありますが、テーマがサポートしている場合にのみ表示されます。組み込みセクションの完全なリストは次のとおりです。

  • サイトのタイトルとキャッチフレーズ
  • 色*
  • ヘッダー画像*
  • 背景画像*
  • ナビゲーション*
  • 静的フロントページ

マーク(*)セクションは、テーマがそれぞれの機能をサポートしている場合にのみ表示されます。ヘッダー画像セクションを表示する場合は、必要なのは add_theme_support( ‘custom-header’) functions.phpファイルのどこかに.

既存のコントロール

これらのセクションがすべて組み込まれているので、既存のコントロール(ライトスイッチ、覚えていますか?)を埋める必要があります。 WordPressが提供する機能は次のとおりです。

  • テキストフィールド
  • チェックボックス
  • 無線
  • 選択する
  • カラーピッカー
  • ファイルのアップロード
  • 画像のアップロード
  • 背景画像
  • ヘッダー画像

おそらくほとんどのテーマで十分ですが、テーマが特別で(私が推測しますが、そうですか)、カスタムコントロールが必要な場合は、それも可能です。カスタムコントロールの作成は、このシリーズで扱うものの1つなので、引き続きご期待ください.

それは今のところすべてです

WordPressには現在16のAPIがあります (それらすべてに名前を付けてみてください!)そして、それらがどれほどユーザーフレンドリーであるか、そしてそれらに飛び込んで使い始めることがどれほど簡単かで判断すると、Theme Customization APIに近づきません。.

すでにユーザーの支持を得て、設定ページからテーマカスタマイザに切り替えましたか?そうでない場合は、理由をお聞かせください。また、お持ちの場合、これまでのところどう思いますか?

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me