WordPressについて聞いたことがありますか プラグ可能な関数? そうでない場合、この記事はあなたの注意を引くはずです。言い換えると、プラグイン可能な関数は ワードプレス オーバーライドできるコア関数。これらの関数はすべて1つのファイルに配置されています。wp-includes / pluggable.php「プラグイン可能な関数はWordPress 1.5.1で導入されましたが、WordPressの最新バージョンでは、このメソッドは使用されていません。最近の関数は、出力にフィルターを使用するようになりました。ただし、プラグイン可能な関数をオーバーライドすることはできます。これは、この投稿で説明したいものです。.


どの機能?

プラグ可能な機能は次のとおりです。

各関数の名前をクリックして、コーデックスページにアクセスできます.

プラグ可能な関数をオーバーライドする方法

これは非常に単純です。プラグイン内に「if(!function_exists())…」ステートメントを含むファイルを作成し、関数を再定義するだけです。開始時に元の関数をコピーして貼り付けることを強くお勧めします。これは、関数が機能することを確認する方法です。これは空の例です:

if(!function_exists( 'wp_notify_postauthor')):
/ **
*投稿者にコメント/トラックバック/ピンバックを通知する.
*
* @ 1.0.0以降
*
* @param int $ comment_idコメントID
* @param string $ comment_typeオプション。コメントタイプは、「comment」(デフォルト)、「trackback」、または「pingback」のいずれかです。
* @return boolユーザーのメールアドレスが存在しない場合はFalse。完了時に真.
* /
function wp_notify_postauthor($ comment_id、$ comment_type = ''){

/ *ここで関数を再定義します* /

}
endif;

「wp_notify_postauthor()」関数についてお話します。これは、新しいコメントが追加されたときに投稿者にメールを送信する責任があります。私のプラグインの1つであるWordPress Issues Managerでは、この通知を無効にする必要がありましたが、特定のカスタム投稿タイプのみです。だから、私は関数全体をコピーし、これを単に追加しました:

if(!function_exists( 'wp_notify_postauthor')):
/ **
*投稿者にコメント/トラックバック/ピンバックを通知する.
*
* @ 1.0.0以降
*
* @param int $ comment_idコメントID
* @param string $ comment_typeオプション。コメントタイプは、「comment」(デフォルト)、「trackback」、または「pingback」のいずれかです。
* @return boolユーザーのメールアドレスが存在しない場合はFalse。完了時に真.
* /
function wp_notify_postauthor($ comment_id、$ comment_type = ''){

if($ post-> post_type!= 'issue'):

/ *元の関数の内容* /

endif;

}
endif;

それは簡単ですが、大きな変更を加えたり、カスタムアクションに接続された完全なカスタム関数を作成したりすることなく、うまく機能します.

wp_mail()

プラグ可能な関数のリストで見たように、wp_mail()はプラグ可能な関数です。この機能は、メールの送信に使用される機能です。 WordPressのどこでも、メールが送信されると、この関数が使用されます。そのため、カスタマイズするのが非常に興味深い場合があります。たとえば、WordPressのインストールから送信されるすべてのメールにHTMLのデフォルトテンプレートを使用できます。.

すべてのメッセージの非表示のコピーを特定のメールに送信して、一種のバックアップを作成することもできます(これは、誰かがメッセージを受信しなかったと言ったときに便利です!).

wp_authenticate()

また、wp_authenticate()を変更し、いくつかの追加パラメーターを追加して、サイトのセキュリティを強化することもできます(ブルートフォース攻撃など).

auth_redirect()

この関数は、ユーザーがログインしているかどうかをチェックし、ログインしていない場合はユーザーをログインページにリダイレクトする機能です。デフォルトのログインページではなく、関数をオーバーライドしてユーザーをカスタムページにリダイレクトするのは簡単です(たとえば、wp-adminフォルダーを非表示にする場合)。.

wp_generate_password()

この機能は、パスワードを自動生成する機能です。正直なところ、実際に変更する必要はありませんが、ブルートフォース攻撃とは何かがわかったので、より強力なパスワードを作成することに興味を持つかもしれません。さて、これは改善する機能です.

結論

WordPressのプラグイン可能な関数に関するこの短い投稿を締めくくるに、新しい関数がそのように機能しないという事実を指摘しておきます。上で書いたように、現在フィルターを使用しています。しかし、プラグイン可能な関数は、本当に本当に特定のプラグインを作成するときに特に重要な関数です。ただし、プラグ可能な関数を使用するときは注意してください。新しく作成された関数が完全に機能しない場合、(機能の観点から)Webサイトの一部が破損する可能性があるため、すべての条件でテストしてください.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me