どのホストにもWordPressを手動でインストールする方法

どのホストにもWordPressを手動でインストールする方法

このチュートリアルでは、 WordPressを手動でインストールする cPanelを使用して、共有Webホスト上で。 Softaculousなどのスクリプトインストーラーを使用するなど、WordPressをインストールする簡単な方法はありますが、このガイドでは基本に戻ります。 WordPressのさまざまなコンポーネントが内部でどのようにリンクされているかをよりよく理解することができます.


あなたがしたかったら WordPressをローカルにインストールする 共有ホスティングサーバーを購入しなくても、幸運です。 Windows、MacOS、LinuxにWordPressをオフラインでインストールするための同様のチュートリアルがあります。原則はすべて同じです.

WordPressの手動インストールは、 基本的な手順:

  1. WordPressファイルをサーバーにアップロードする
  2. データベースを作成してリンクする
  3. 有名な5分間のWordPressインストールを実行する

これらの手順は、共有ホスティング、管理されたWordPressホスティング、オフラインセットアップなど、ほとんどすべてのWordPressセットアップで変更されていません。もちろん、管理されたホスティングによって複雑さが増しますが、今は心配する必要はありませんか? (ヒント:それは 管理された サービス!)

このチュートリアルでは、cPanelを使用して手動でWordPressをインストールします。次に、おまけとして、自動化スクリプトインストーラー(Softaculous)を使用してWordPressを同じ共有ホスティングサーバーにインストールする方法も示します。.

cPanelの使用

cPanelの登場により、私たちの作業の多くが削減されました。今日見つけたほとんどすべての共有ホスティングプロバイダーには、ホスティングアカウントにcPanelのライセンスが含まれています。それがcPanelを提供していないことがわかった場合は、最高のWordPressホスティング会社の1つに行くほうがよいでしょう。.

では、このチュートリアルを詳しく見ていきましょう。最初に前提条件をリストしてから、主要なタスクの表に進みます.

このガイドの前提条件:

  • 共有ホストを使用していると想定します インストールされているcPanel. どの共有ホストを使用するかを決めるのに苦労している場合は、BlueHostを試すことができます.
  • あなたが持っている FTPアクセス あなたに public_html ディレクトリ. これは、WordPressインストールファイルを保持するフォルダーです。.
  • 次のような標準データベースがあります MySQL.
  • ダウンロードしました wordpress.zip ファイルと内容を抽出することができます.

手動インストールの主な手順:

1. WordPressファイルを共有ホスティングサーバーにアップロードする

まず、 WordPressの最新バージョン WordPress.orgリポジトリから。 WordPressファイルをホスティングサーバーにアップロードするには、主に2つの方法があります。.

  1. cPanelファイルマネージャーを使用してzipファイルをアップロードできます, または
  2. FTPアクセスを使用してファイルをアップロードする.

両方の方法を紹介します.

ステップ#1.1 – cPanel File Managerを使用してWordPress ZIPアーカイブをアップロードする

  • ホスティングプロバイダーにログイン クライアントエリア そして打ち上げ cPanel.
  • 見つからない場合は、 yoursitename.com:2082 cPanelのデフォルトポートは 2082 (cPanel over SSHの場合は2083).
  • cPanelにログインできない場合は、ホスティング会社のサポートにお問い合わせください.
cpanelファイルマネージャの起動

cPanelからファイルマネージャを起動する

cPanelを見つけて起動します ファイルマネージャー.

cPanelファイルマネージャのデフォルトディレクトリ

cPanelファイルマネージャのデフォルトディレクトリ

cpanelファイルマネージャ

cPanelファイルマネージャ

上記のようなメッセージが表示されたら、Webルートディレクトリを選択します。その他の場合、ファイルマネージャは自動的に起動します.

ステップ#1.1.1 – WordPressをインストールするディレクトリを理解する

私たちは持っていると仮定します 1つのドメイン 共有ホスティングアカウントに接続されています。の ウェブルート ディレクトリは、 wwwディレクトリ. wwwディレクトリの実際のフォルダは、 public_html フォルダ。このフォルダには すべて 私たちのウェブサイトで公開されているファイル.

技術的に言えば、ドメインまたはサブドメインのWebルートディレクトリは、パブリックHTMLポート(ポート80など)で利用可能なすべてのファイルを含むベースディレクトリです。最後の行がすべてmumbo-jmboである場合は、例を検討してください.

ドメインを購入してホスティングアカウントにリンクしたとします。あなたのウェブサイトの内容は、言う www.yourwpsite.com で利用可能になります wwwディレクトリ (つまり、 public_htmlフォルダー)。新しいフォルダを作成するとき(たとえばエニグマ‘)wwwディレクトリ内では、リンクからドメインで利用できます。 www.yourwpsite.com/enigma

この新たに発見された知識を適用して、WordPressのインストールディレクトリを決定しましょう.

  • 同じルールを使用して、WordPressサイトをyourwpsite.comで利用できるようにする場合は、ルートディレクトリにインストールします.
  • そうでなければ、フォルダを作成してそこにWordPressをインストールできます。 Softaculousなどの自動化スクリプトインストーラーを使用してWordPressをインストールする際に役立つため、この手順は覚えておいてください。.

ステップ#1.1.2 –アップロード、抽出、移動

これまでにwordpress.zipファイルをダウンロードし、WordPressをインストールするフォルダーを決定しました。これで、WordPressをインストールするフォルダーに移動(または作成)し、そのフォルダーにwordpress.zipアーカイブを抽出します。.

というフォルダにWordPressをインストールするとします。 私たちのサイト, public_html内にあります。この場合、WordPressサイトには以下からアクセスできます。 yousitename.com/ourwpsite

cpanelのwordpressインストールディレクトリ

上のスクリーンショットでは、ourwpsiteフォルダーを作成しており、現在その中にあります.

アーカイブをアップロード

  • 次に、ファイルマネージャーを使用して、このフォルダー内にwordpress.zipファイルをアップロードします。 アップロードする 関数.
  • をクリックすると アップロードする ボタン、新しいタブが開きます.
  • を選択 wordpress.zip ファイルとアップロードが自動的に開始されます.

cpanelファイルマネージャー経由でサーバーにワードプレスzipアーカイブをアップロードする

アップロードが完了したら、タブを閉じてファイルマネージャに戻ります。それでもourwpsiteディレクトリにファイルが表示されない場合は、ブラウザではなくファイルマネージャをクリックします。 リロード ボタン。あなたは見るべきです wordpress.zip 今すぐファイル.

アーカイブを抽出する

cpanelでワードプレスファイルを抽出する

  • 次に、最近アップロードされたWordPress ZIPファイルを選択して、 エキス.
  • 抽出ディレクトリを変更せずにクリックします ファイルを抽出 抽出プロセスを開始する.

cpanelで抽出されたワードプレスファイル

抽出が完了したら、もう一度 リロード ボタン。というフォルダが表示されます ワードプレス.

抽出されたアーカイブのコンテンツを移動する

この状態のままにした場合(つまり、ワードプレスフォルダーのコンテンツを移動しない場合)、WordPressサイトには www.yoursite.com/ourwpsite/wordpress.

wordpressサブディレクトリの管理ミス

WordPressがサブフォルダーにインストールされるとどうなりますか.

  • したがって、私たちは wordpressフォルダーの内容を元に戻す 親へ (またはあなたの好みの)ディレクトリ.
  • これを行うには、FTPまたは cPanel. 後者に行きましょう.

wordpressフォルダーを入力し、 すべて選択 ボタン。次にクリックします 動く.

ワードプレスファイルを新しいディレクトリに移動する

WordPressファイルのソースディレクトリ

これで、ターゲットディレクトリ(つまり、選択したファイルを移動する場所)を尋ねるポップアップモーダルが見つかります。

ワードプレスファイルの正しい宛先ディレクトリ

WordPressファイルの宛先ディレクトリ

wordpressというフォルダの下には必要ないため、ファイルをその親ディレクトリに移動するだけです。したがって、「wordpress」という単語を削除して、 ファイルを移動. ファイルを移動し、wordpressフォルダーを空にする必要があります。元のWordPress ZIPアーカイブと一緒に削除できます.

ワードプレスファイルの移動が完了しました

前のフォルダー(ourwpsite)に戻ると、すべてのWordPressファイルの準備ができており、インストールを待機しています。.

ステップ#1.2 – FTP経由でwordpress.zipアーカイブをアップロードする

FTP経由でワードプレスのzipアーカイブをアップロードする

FTP経由のWordPress ZIPアーカイブのアップロード

まず、次のようなFTPクライアントが必要です。 FileZilla.

  • 次に、ステップ1.1.2から1.1.3で説明した概念を理解する必要があります。これはあなたに理解を与えるでしょう WordPressをインストールする場所.
  • ステップ1.1.2を理解したら、FTP経由でサイトにログインし、 私たちのサイト フォルダを作成し、その中にwordpress.zipファイルをアップロードします.
  • 次に、ステップ1.1.3の指示に従ってファイルを抽出し、cPanelを使用して適切なフォルダーに移動します.

別のケースとして、シンプルにしたい場合は、ローカルコンピュータでwordpress.zipアーカイブを抽出し、抽出したファイルをサーバーの目的のインストールディレクトリにアップロードできます。ただし、アップロードプロセスには長い時間がかかります。プラス面では、ステップ1.1.3を完全にスキップできます。これでステップ1は終了です。.

2.新しいMySQLデータベースとユーザーの作成

WordPress内部機能ガイドでは、WordPressにテキストと設定データを保存するためのデータベースが必要であることを確認しました。このセクションでは、次のことを行います。

  1. 新しいMySQLデータベースを作成する
  2. 新しいデータベースユーザーを作成する.
  3. 新しいユーザーとデータベースを接続する.

ステップ#2.1 – cPanelで新しいMySQLデータベースを作成する

MySQLデータベースウィザードをcpanelから起動する

cPanelにログインして、 MySQLデータベースウィザード.

cpanel 1データベース名で新しいmysqlデータベースを作成する

一意のデータベース名を設定します。英数字を使用するのは良いセキュリティ対策です。この場合、完全なデータベース名は souravku_wpexplorer2018

ステップ#2.2 – cPanelで新しいMySQLユーザーを作成する

cpanel 2 dbユーザーとパスワードで新しいmysqlデータベースを作成する

このステップでは、新しいユーザーを作成します。ユーザー名を souravku_wpexplorer. また、強力なパスワードを生成し、安全な場所に保存する必要があります。 cPanelは、生成されたパスワードを自動入力します。クリック ユーザーを作成 続行します.

ステップ#2.3 – MySQLユーザーをデータベースに接続する

cpanel 3で新しいmysqlデータベースを作成し、dbユーザー権限を付与する

新しく作成したユーザーに新しいデータベースへのアクセス許可を付与する.

新しいユーザーが作成されました。この手順では、ユーザーがデータベースにアクセスできるように、ユーザーに権限を付与します.

  • 単に、クリックしてください すべての特権 すべての権限を付与する.
  • クリック 次のステップ 続行します.
  • cPanelは、指示に従ってユーザーに必要な変更を行います.
cpanelに新しいmysqlデータベースを作成しました

MySQLデータベースウィザードを使用して、cPanelで新しいデータベースとユーザーを正常に作成してリンクしました

できた!新しいデータベースとユーザーが正常に作成されました。これでステップ2は終了です。.

3.最終的な構成(WordPressの5分間のインストール)

インストール手順が完了したので、有名な 5分間のWordPressインストール. ドメインから(cPanelではなく)WordPressディレクトリにアクセスします。私たちの場合、それは yoursite.com/ourwpsite. インストールプロセスが開始されます.

最初のステップで、使用する言語を選択して続行します.

ワードプレス5分インストール2開始

これは、wp-config.phpファイルが書き込み可能でない場合のトラブルシューティング情報です。ほとんどの場合、インストールは問題なく完了します。.

ワードプレス5分のインストール3データベースの詳細を入力

WordPressの5分間のインストールでのデータベースとユーザー情報の入力

最後のステップのデータベース情報を入力します。テーブルの接頭辞が「wp_「ハッカーがあなたのウェブサイトを攻撃することを困難にします。たとえば、「wpe_「英数字の値を選択するのが最適です.

ワードプレス5分インストール4実行インストール

クリック インストールを実行する セットアッププロセスを開始するには.

ワードプレス5分インストール5サイトセットアップ情報

上記の画面が表示された場合は、WordPressが正常にインストールされています。次の部分は簡単ですが、 重要.

  • このWordPressのセットアップに使用するユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。これらの詳細をPCに保存します.
  • 一度重要なステップは ユーザー名としてadminを使用しない, WordPressセキュリティガイドに記載されているとおり.
  • これは一時的なWordPressの実験的なインストールなので、検索エンジンのインデックス作成を無効にしました。新しいサイトで作業しているときも同じようにする必要があります。あなたのサイトにいくつかのコンテンツがあればそれを有効にすることができます.
ワードプレス5分インストール6完了

WordPressが正常にインストール、構成され、使用できるようになりました

できました。 WordPressのインストールに成功しました 手動で100%.

新しいワードプレスサイトダッシュボード

おまけ:cPanelでSoftaculousを使用してWordPressを手動でインストールする

ほとんどの共有ホスティング会社は、SoftPaulousと呼ばれる自動スクリプトインストーラーをcPanelとともに提供しています。 SoftaculousをGoogle PlayストアやApp Storeのように考えてください。 Softaculousストアでは、数回クリックするだけでインストールできる複数のアプリ(ソフトウェアまたはスクリプトとも呼ばれます)を提供しています。 WordPressは、Softaculousを使用して数回クリックするだけでインストールできるCMSソフトウェアの一例です。方法を見てみましょう:

cpanelを使用してsoftaculousアプリインストーラーを起動する

まず、cPanelにログインしてSoftaculousを起動します.

1. WordPressを選択します

softaculous cpanelでワードプレスをインストール1

次に、Softaculousを使用してインストールするWordPress CMSを選択します。 Softaculousが私のものと似ていない場合は、左上のメニューを使用して ブログ> WordPress.

softaculous cpanel 2でワードプレスをインストールする今すぐインストール

SoftaculousによるWordPressインストールプロセスの開始

クリック 今すぐインストール WordPressの新しいインストールを作成します。さらに、 私のアプリ Softaculousを使用して実行されたWordPressの既存のインストールをすべて表示するオプション.

2.設定を構成する

softaculous cpanel 3でワードプレスをインストールするインストール場所情報-2

SoftaculousでのWordPressのインストール場所の設定

次に、このステップでWordPressのインストールの詳細を設定します.

  • ほとんどの場合、あなたは ディレクトリ フィールドは空白です。これにより、WordPressがベースディレクトリで利用できるようになります。.
  • プロトコルはHTTPSである必要があります.
  • サイトにサブドメインがある場合は、 ドメインを選択 オプション.

この情報を入力したら、下にスクロールして次のステップに進みます.

softaculous cpanel 4のサイト情報でワードプレスをインストールする

このセクションでは、WordPressサイトの名前、説明、管理者のユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。追加のセキュリティ対策として、ユーザー名としてadminを使用しないでください。次のセクションまでスクロールします.

softaculous cpanel 5高度なオプションでワードプレスをインストールする

このセクションでは、データベース名とテーブルプレフィックスを入力します。心配しないでください。データベースとユーザーを作成する必要はありません。 Softaculousが自動的に実行します!

  • の自動アップグレードWordPressテーマとプラグインオプションを選択して、このインストールの自動更新を有効にすることもできます。この機能を有効にすることをお勧めします.
  • また、 ログイン試行を制限する 追加のセキュリティ対策としてのプラグイン。プラグインは基本的に、3回のログイン試行が失敗した後、IPからのログイン試行を15分間ブロックします.

完了したら、クリックしてWordPressのインストールを開始できます。 インストール.

softaculous cpanel 6処理でワードプレスをインストールする

Softaculousは送信された情報を確認し、インストールプロセスを開始します。これには通常1分もかかりません.

Softaculous cpanel 7が完了したWordPressをインストールする

SoftaculousがWordPressを正常にインストールすると、上記の画面が表示されます。それだけです。WordPressはSoftaculousを使用して正常にインストールされました.

Softaculous(または他の自動スクリプトインストーラー)を使用する理由?

Softaculousを使用してWordPressをインストールする最大の利点は、基本的な利便性です。手動のインストールプロセスとは異なり、関連するサイト情報を入力するだけで、あとはSoftaculousが処理します。新しいテーマやプラグインを試すためのクイックWebサイトを作成するのに非常に便利です。.

ただし、1つ欠けているのは、構成プロセス中に検索エンジンの可視性を無効にする機能です。したがって、WordPressをインストールしたら、ログインして検索エンジンの表示を無効にする必要があります。これにより、ドメインの既存のSEOスコアが妨げられなくなります.


この「基本に戻る」チュートリアルを、私が書いたのと同じくらい楽しんだことを願っています。ご不明な点がございましたら、コメントをお寄せいただくか、@ souravifyでツイートしてください。.

手順に失敗した、または提案がある場合は、お知らせください。あなたからの御一報をお待ちしています!

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map