ヘッドレスコマースとは何ですか。

今日のデジタル環境で顧客の期待を管理することは非常に困難な場合があります。リードジェネレーションとコンテンツの作成は、魅力的なエクスペリエンスの提供は言うまでもなく、関連するコストの高い項目の2つにすぎません。それを念頭に置いて、コンテンツとeコマースソリューションを管理するより効果的な方法があるかどうか疑問に思うかもしれません.


幸い、ヘッドレスコマースアプローチはまさにそれを行います。これは、トラフィックを促進するコンテンツを最大限に活用しながら、eコマース機能をWebサイトに追加する方法です。さらに、Webサイトのコンポーネントがどのように連携するかをより適切に制御できます.

この記事では、ヘッドレスコマースの概念を紹介します。次に、すべての長所と短所について説明し、ヘッドレスシステムを使い始める方法を説明します。仕事に取り掛かろう!

頭を失うな:デカップリングについて知っておくべきこと

Webサイトとコンテンツ管理システム(CMS)について話すとき、2つの主要なコンポーネントを参照する傾向があります。これらは、ウェブサイトの「フロント」エンドと「バック」エンドです。フロントエンドとは、クライアント側、またはより簡単には、顧客が見て操作するサイトの一部を指します。.

バックエンドは管理側であり、コンテンツを入力して、デザインと機能を調整できます。

WordPressダッシュボード

ヘッドレスコマース 「分離された」CMSと呼ばれるものを含みます。つまり、ウェブサイトのフロントエンドとバックエンドのリンクを解除します。コマースソリューションをパブリックインターフェースから切り離してヘッドレスにすると、基本的には複数のフロントエンド配信オプションを自由に探索できるようになります。最終的には、これにより、コンテンツが配信される方法と場所、および製品が購入可能になるかどうかについて、新しいレベルの柔軟性を実現できます。.

基本的に、コンテンツを簡単に作成してデータベースに追加できるようにするバックエンドインターフェイスが作成されます。すべてのeコマース管理機能も個別に処理できます.

その結果、コンテンツはさまざまなアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を介してほぼどこでも管理できます。これにより、増加の一途をたどるデバイスを含む多くのエンドポイントに配信する1つのコンテンツソースを簡単に作成できます。 モノのインターネット(IoT)市場.

ヘッドレスコマースアプローチを検討する理由

誰もがウェブサイトの分離から利益を得られるわけではないことに注意することが重要です。ただし、特定の状況では、これは非常に価値のあるアプローチになります。ギロチンを出す前に、オプションとeコマースのニーズを十分に確認する必要があります.

ヘッドレスeコマースが適切かどうかを判断する際に考慮すべき要素には、次のものがあります。

  • コンテンツ:コンテンツが多いWebサイトは、努力やリソースを重複させることなく、複数のエンドポイントへの同じコンテンツの配信を最大化できます.
  • エンゲージメント:ヘッドレスアプローチは、新しいデータベースなしで、人工知能(AI)および拡張現実(AR)を通じてエンゲージメントを高める機会を開くことができます。.
  • エクスペリエンス:1つのデータベースから、多数のデバイスにわたって満足できるシームレスなカスタマーエクスペリエンスを作成できます。.

ウェブサイト管理にヘッドレスアプローチを採用することで、コンテンツの配信とマーケティングに新しい機会を開くことができます。非常に俊敏で柔軟なソリューションを探しているなら、ヘッドレスアーキテクチャが最適かもしれません.

さらに、eコマースに関しては、ヘッドレスシステムには多くの利点があります。サイト管理を分離すると、在庫と製品の管理システムをCMSに関連付ける必要がなくなります。.

つまり、ビジネスの側面にどのように影響するかを気にすることなく、選択したコンテンツ配信プラットフォームをWebサイトのバックエンドから使用できます。 APIを介して、思い通りのショッピング体験を提供できます.

ヘッドレスコマースの潜在的な欠点

ただし、ヘッドレスコマースはすべての人に適しているわけではありません。このアプローチにはいくつかの潜在的な欠点があることに注意することが重要です。たとえば、保守するコンポーネントが少ないオールインワンソリューションを探している場合、このセットアップは適切ではない可能性があります.

覚えておくべき他のいくつかの潜在的な欠点があります。

  • ヘッドレスシステムを管理するには、より多くのリソースが必要になる場合があります.
  • CMSを初めて使用する場合、ヘッドレスシステムを管理するために必要な技術的スキルがない可能性があります.
  • 分離されたシステムには複数のユーザーエンドポイントがあり、開発コストが増加する可能性があります。.
  • 開発中は、フロントエンド製品のライブプレビューにアクセスできない可能性があります.
  • 管理する潜在的なフロントエンドディスプレイが増える可能性があります.

すでに述べたように、既製のすぐに使えるソリューションを探しているのであれば、これはあなたが探しているものではないかもしれません。分離を成功させるには、eコマースAPIの知識と理解を備えた高度に関与したチームが必要です。.

ヘッドレスコマースアプローチを開始する

ヘッドレスコマースアプローチを開始する

ヘッドレスアーキテクチャとは何か、そして長所と短所を理解したところで、この構造を実現するために何が必要かを見てみましょう。分離すると、突然多くのフロントエンドユーザーインターフェイスを使用できるようになります。その後、eコマースAPIを介してバックエンドシステムを接続できます.

これは、eコマースおよび製品管理機能がコンテンツ管理から分離されることを意味します。適切なツールを使用すると、WordPressなどの既存のCMSを介してこれを実現できます.

検討できるプラグインもいくつかありますが、これについては後ほど説明します。ただし、最初に、分離されたヘッドレスシステムに関する特定のニュアンスを完全に理解することをお勧めします。

  • 分離:コンテンツはAPIエンドポイントを介して利用できますが、システムはまだフロントエンドプレゼンテーションレイヤーへの配信プロセスに関与しています.
  • ヘッドレス:コンテンツはAPIエンドポイントを介して利用できますが、システムはリアクティブであり、コンテンツの配信は別のプログラムによって処理されていると想定しています.

つまり、WordPressを実行していて、真にヘッドレスなシステムを作成したい場合、それを実現するためにいくつかの追加ツールが必要になる可能性があります。もちろん、必要なすべての要素を自分でプログラミングする予定がない限り、これは.

WordPressが提供するフロントエンドディスプレイを使用しないことがわかっている場合は、次のようなプラグインをインストールすることから始めます。 WPヘッドレス. ヘッドレスWordPressを作成するために開発されたプラグインはそれほど豊富ではなく、レビューが不足する傾向があります。ただし、WPヘッドレスは、機能面で見られるものの良い例です.

このプラグインは、割り当てられたユーザーではないユーザーに対して、基本的にWebサイトのフロントエンドへのアクセスをオフにします。たとえば、別のウェブサイト編集者にパーマリンクを送信すると、その編集者は投稿の編集ページに移動します。標準のWebサイトのフロントページへの一般的なアクセスをブロックすることは、WordPressの設定を切り離す最初のステップの1つです.

Webサイトへのフロントエンドアクセスを削除したら、コンテンツリポジトリの構築を開始する必要があります。これに役立つかもしれないプラグインの1つは 高度なカスタムフィールド

高度なカスタムフィールド

このプラグインは非常に人気があり、強くお勧めします。これを使用して、ほとんどすべてのユースケースでカスタムフィールドを追加できます。さらに、データがテーマにどのように表示されるかを気にすることなく、投稿編集画面に表示されるフィールドをすばやく開発できます.

ヘッドレスアーキテクチャを構築しているときに、カスタムフィールドを使用してデータを整理すると後で役立つ場合があります。 APIを介してデータを呼び出す場合は、非常に具体的で正確なターゲット情報を取得して、新しいエンドポイントに配信できます。.

ヘッドレスになる前に知っておくべき開発者ツール

ヘッドレスシステムは複雑に見えるかもしれませんが、実際に機能させるために必要なのはいくつかの一般的なプログラミング言語だけです。ヘッドレス構造で作業するには、ナビゲートして潜在的に書き込みできるようにする必要があります カスケードスタイルシート(CSS) およびHTML.

JavaScriptを使用して、コンテンツを配信するために必要なほとんどすべての呼び出しを実行することもできます。使用するデータベースの種類を決定する必要があるだけです。たとえば、WordPressを使用している場合は、PHPデータベースを理解してナビゲートできるようにする必要があります。.


マーケティングおよびeコマースWebサイト用のヘッドレスeコマースソリューションを作成することは、有益な選択です。この設定により、柔軟性と速度を維持しながら、エクスペリエンスを提供できるユーザーエンドポイントの数を増やすことができます.

もちろん、覚えておくべき長所と短所があります。ヘッドレスeコマースはコンテンツを多用するWebサイトに有益ですが、APIを介してコンテンツを利用するには、知識豊富なチームと適切なリソースが必要です。ただし、WordPressを使用している場合は、便利なプラグインを利用できることを忘れないでください。.

ヘッドレスコマースと、それがあなたに適しているかどうかについて質問がありますか?下のコメント欄で質問してください!

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me