MotoPress Page Builder:重要な更新の確認

MotoPress Page Builder:重要な更新の確認

MotoPress Content Editorは、多目的Webサイトニッチ向けの人気のあるWordPressページビルダーの1つです。これは、特に技術的な専門知識を持たないユーザー向けに提供する多くの機能を備えたプラグインです。ドラッグアンドドロップのコンテンツ要素、多数の事前定義されたレイアウト、簡単に拡張できるレイアウトブロック、すべてのオンデマンドコンテンツ要素、およびはるかに便利なオプションです。ターンキーウェブサイトを構築するためのツールとして、ユーザーや開発者の間で高く評価されています.


過去2か月の間に、多数のプラグインの更新が行われ、短期間の使用の増加に影響を与えました。アップデートは、最新のWebサイトユーザーの期待を示しています。ほとんどの場合、追加のプラグインをインストールして管理する必要なしに、より高速で機能豊富なツールを1か所に配置したいと考えています。したがって、主な目標は、エディターをより強力、高速、簡単に操作できるようにすることでした。.

MotoPressの新機能と改善された機能

詳細を見て、Web上の他のWordPressページビルダーの間でエディターの競争力を高めた新機能を見てみましょう.

プラグインの起動時間の改善

プラグインの起動が2倍速くなったため、カスタマイズ作業が簡単に開始されます。タイミングは各ビジネスのすべてなので、軽量化へのそのようなジャンプアップは自然でした.

フロントエンド編集

かつては待望の目的地でしたが、今は編集者の変更ログの転換点です。標準の「真空」ページの構築は、フロントエンドのWYSIWYG編集に置き換えられました。これで、通常の管理バックエンドの代わりに、ウェブサイト管理者はフロントエンドの実際のウェブサイトページと左側からエディターツールキットを見ることができます。すべてのツールはデフォルトで非表示になっているため、編集領域がすっきりしています。新しいコンテンツ要素を追加する場合は、上部にある[+追加]赤いボタンをクリックし、リストから必要な機能を選択して、ページにドラッグします。更新の最終結果は、プレビューページと同じように表示されます.

Frontent Editor MotoPress

新しいスタイルマネージャー

CSSを介してスタイルを調整することになると、ほとんどの非技術系ユーザーは欲求不満を感じます。更新されたビルダーにより、CSSにアクセスせずにページレイアウトデザインを操作する機会が増えますが、代わりに、アップグレードされたスタイルマネージャー内で必要なオプションを選択します。スタイルの作成と使用を開始するには、追加されたコンテンツ要素をクリックし、[スタイル]> [要素のスタイルを編集]をクリックします。.

新しいスタイルマネージャー

このマネージャーを使用すると、コンテンツ要素の次のパラメーターを自由に変更できます。

  • 背景色
  • テキストの色
  • 背景の種類(画像、グラデーション、なし)
  • パディング
  • マージン
  • ボーダースタイル(デフォルト、ソリッド、ドット、破線、ダブル、グルーブ、リッジ、インセット、アウトセット)
  • 境界パラメータ、半径、色.

スタイルマネージャーオプションMotoPress

良い前進、プラグインはカスタムスタイルを保存して再利用する機能が提供されました。このオプションは、可能な繰り返し作業を大幅に排除します。同じスタイルを他のコンテンツ要素に適用する場合は、必ず保存してください。新しいスタイルを設定したら、[適用]をクリックして[名前を付けて保存]を選択します。スタイルの各セットは、[スタイル]タブの[エレメントスタイル]と[プリセット]に保存される新しいプリセットとして保存されます.

カスタムスタイルの保存オプション

管理領域内のデバイス全体のテスト

モバイルトラフィックのレベルは常に増加しているため、このアップデートの背後には一貫したロジックがあり、すべてのデバイスが満足できるユーザーエクスペリエンスを保証するかどうかをすばやくテストすることが非常に重要です。管理バックエンド内のさまざまなデバイスでのオンラインプレビューがMotoPressエディターに実装されたのは、それが必須のオプションになったからです。エディターツールに組み込まれたエミュレーション環境(エミュレーターはコンピューターシステムが別のコンピューターシステムのように動作できるようにします)は、デスクトップ、携帯電話、タブレットデバイスでサイトページのワンクリックプレビューを実行します。オンラインエミュレータの使いやすさを実感するには、ウィンドウ上部の[レスポンシブプレビュー]ボタンをクリックし、必要なデバイスを選択してWebサイトをプレビューします。タブレットプレビューの例を確認します。

タブレットプレビュー

または携帯電話:

携帯電話のプレビュー

利用可能な行の全幅と全高

(画像、ビデオ、テキスト、表などの)フルスクリーンソリューションは、デザイナーによって高く評価され、顧客に愛されている現在のWebデザインのトレンドの1つです。目を楽しませること以外に、コンテンツ要素の全画面モードを使用して、サイトの任意の部分を強調表示し、画像/ビデオを詳細に表示し、デザイン要素の部分を対比させて、読みやすさを向上させます(大きいか小さいか)。 )またはそれらのバランスを取るなど。この新しいオプションを使用すると、編集しているコンテンツブロックの行をビューポート画面の端まで伸ばすことができます.

行の全幅または全高を適用するには、必要なコンテンツブロックの行アイコンをクリックし、右から[行設定]タブに移動します> [コンテナーの幅]で[完全]を選択するか、または[高さを入力]を選択しますウィンドウの ‘。コンテンツブロックは、適切に表示するために、さまざまなブラウザやデバイスに合わせて調整されます.

行全幅と全高

スプラッシュスクリーンウィジェットを開く頻度の制御

おそらくマイナーな更新ですが、スプラッシュページを使用してアプリケーション、ソフトウェア、またはシンプルなCall-to-Actionページを実行するWebサイトには非常に便利です。このオプションを設定すると、スプラッシュページウィジェットをサイトに表示する頻度を制御できるため、ウェブサイトのゲストが煩わしくなったり邪魔になったりすることはありません。頻度を設定するには、コンテンツエディタツールキットに移動し、スプラッシュスクリーンウィジェットを選択してページにドロップし、右からその設定に移動して[表示]オプションまでスクロールし、常に表示するか、一度だけ表示するかを設定します.

スプラッシュ画面ウィジェット

ボトムライン

コンテンツエディターにも無料であるので、すべての新しいオプションを無料で試すことができます。 フリーミアム版. MotoPressの主要なプラグインであるContent Editorは、定期的な修正と機能強化を継続的に行っています。チームの技術者は、急速に成長しているWordPressコミュニティの需要に目を配り、製品を常により良いものに変更するため、新しいアップデートが待たされることはありません。.

この素晴らしいコンテンツビルダープラグインについて質問がある場合は、お知らせください。または、MotoPressをすでに使用している場合は、下のコメントでプラグインについてのご意見をお聞かせください.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map