SQL変更管理者のログインユーザー名

あなたがワードプレスのウェブサイトの所有者である場合は、世話をするためのものがたくさんあります.


ブログのコンテンツを常に更新し、新製品を追加し、価格を変更します。定期的なプラグインの更新についても言及していません。開発者にアクセス権を提供し、毎日のWordPressルーチンの一部として多くのことを行います。.

場合によっては、設定を微調整する必要がある場合、単一のアクションを実行するための多くの指示を含む長いWebページのチュートリアルを見つけることがあります。しかし、これらの変更の大部分が単純なSQLクエリ(データベースマネージャーメニューで実行するコマンド)で変更できることがわかっている場合はどうでしょうか。.

あなたは忙しい人であり、時間を節約することが優先事項であるため、数分で結果を達成するのに役立つ基本的なSQLクエリを次に示します.

最初のステップ

ホスティングアカウントに複数のWebサイトがある場合、SQLクエリを実行する前に、正しいデータベースを変更していることを確認する必要があります。特定のWordPressインストールに割り当てられたデータベース名は、 wp-config.php 文字列上のファイル:

定義( 'DB_NAME'、 'yourdbname')

WordPress定義データベース

また、SQLコマンドの実行時に指定する必要があるため、テーブルプレフィックスにも注意してください。ページ設定の下部にある同じファイルにあります.

WordPressテーブルプレフィックス

上記のこの例では、データベース名は_wp622です。テーブルのプレフィックスはwpc7_です。それがわかったら、データベースマネージャーに行きましょう。コントロールパネルの大部分は、データベース管理にPHPMyAdminを使用しています.

phpMyAdmin

そこに移動したら、リストからデータベース名を見つけてクリックします。

データベースを選択

変更を加える前に、このデータベースのバックアップを作成してください。何か問題が発生した場合に備えて、迅速に復元できます。.

WordPressのバックアップ方法については、一般的なバックアップガイドで詳しく説明しています。しかし、簡単なウォークスルーを提供するには、 書き出す オプション、必要に応じて方法とフォーマットを選択し、 行く (ここではすべてのデフォルトオプションを設定しています):

データベースをエクスポート

完了したら、安全に続行できます。メニューを押す SQL では始めましょう:

SQLメニュー

URLを置き換える

SSL証明書をWebサイトに追加するか、その他の変更を行ってWebサイトのURLを更新する場合は、次のコマンドを使用してください。

UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value、 'http://www.oldurlofthewebsite.com'、 'http://www.newurlofthewebsite.com')WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';

たとえば、URLをhttps //にしたいとします。ドメイン名はexample.comです。この場合、wp_optionsテーブル名とURLそのものを変更する必要があります。

UPDATE wpc7_options SET option_value = replace(option_value、 'http://www.example.com'、 'https://www.example.com')WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';

SQL置換サイト名

そして成功メッセージを待ちます.

SQL成功メッセージ

なぜそれを見ることがとても重要なのですか?押すと 行く しかし、クエリにいくつかのエラーがあり、システムは要求を実行できず、実行が失敗したことを意味するエラーを受け取ります。エラーは次のようになり、プロセスが失敗した理由を示します.

SQLエラーメッセージ

このコマンドは基本的なものであり、ウェブサイトのメインURLのみを置き換えるため、ウェブサイトのドメイン名をexample.comからtest.netに変更する場合は、すべてを含めて変更する必要があります。 wp-posts、wp-postmetaなど、WebサイトのURLが一致するテーブル。プラグイン(WooCommerceなど)によって生成されたURLを含む行を含むテーブルにも注意してください。.

そのためには、少なくとも 基本的なSQLトレーニング. もう1つのオプションは、エクスポートしたデータベースを任意のテキストエディターで開き、Ctrl + Hを使用して、古いドメインのすべての言及を新しいドメインに置き換えます。これが複雑すぎると思われる場合は、このプロセスの自動化に役立つ他のさまざまなツール( 相互接続/ ITデータベース検索と置換 スクリプト、または より良い検索と置換プラグイン 同じスクリプトに基づいて)作業中のサイトのウェブサイトフォルダにファイルをアップロードし、ブラウザで開くだけです。.

新しい管理者ユーザーを作成

インストールに管理者の役割を持つ新しいユーザーを追加する必要がある場合は、次のコマンドを使用して、設定に応じて変更する必要があります。

INSERT INTO `wp_users`(` user_login`、 `user_pass`、` user_nicename`、 `user_email`、` user_status`)
VALUES( 'yourlogin'、MD5( 'yourpassword')、 'firstname lastname'、 '[email protected]'、 '0');

INSERT INTO `wp_usermeta`(` umeta_id`、 `user_id`、` meta_key`、 `meta_value`)
VALUES(NULL、(select max(id)FROM wp_users),
'wp_capabilities'、 'a:1:{s:13: "administrator"; s:1: "1";}');

INSERT INTO `wp_usermeta`(` umeta_id`、 `user_id`、` meta_key`、 `meta_value`)
VALUES(NULL、(Select max(id)FROM wp_users)、 'wp_user_level'、 '10');

必要に応じてテーブルとログイン値を変更する必要があることに注意してください。 ユーザー名 そして データベース.

ユーザーを作成したい 私の開発者 パスワード付き 自分のパスワード, 私の開発者の名前は ジョン・ドウ そしてメールは [email protected]. したがって、私のクエリは次のようになります。

INSERT INTO `wpc7_users`(` user_login`、 `user_pass`、` user_nicename`、 `user_email`、` user_status`)
VALUES( 'Mydev'、MD5( 'mypassword')、 'John Doe'、 '[email protected]'、 '0');

INSERT INTO `wpc7_usermeta`(` umeta_id`、 `user_id`、` meta_key`、 `meta_value`)
VALUES(NULL、(select max(id)FROM wp_users),
'wp_capabilities'、 'a:1:{s:13: "administrator"; s:1: "1";}');

INSERT INTO `wpc7_usermeta`(` umeta_id`、 `user_id`、` meta_key`、 `meta_value`)
VALUES(NULL、(select max(id)FROM wpc7_users)、 'wp_user_level'、 '10'

SQL新しい管理者ユーザーを作成する

行名を変更する必要がないことに注意してください(つまり、. wp_user_level または数字で遊ぶ 0、10、13 ユーザーの役割とそれに対応する権限を意味するからです。完了したら、押します 行く.

出力には、次のような成功した結果が表示されます。

SQL新しい管理者ユーザーの作成結果

管理者ログインユーザー名の変更

ユーザー名のログイン名を変更するには、MySQLタブに戻り、次のコマンドを実行します。

UPDATE wp_users SET user_login = 'newlogin' WHERE user_login = 'admin';

デフォルトのユーザー名が 私の開発者, 以前に作成し、設定したいもの 保護されたユーザー 代わりに。この特定のケースでは、デフォルトの接頭辞wp7c_もあるため、次のコマンドを実行します。

UPDATE wpc7_users_users SET user_login = 'secureduser' WHERE user_login = 'mydeveloper';

成功した出力は次のようになります。

SQL Change Adminログインユーザー名成功

管理者パスワードの変更

通常のパスワード変更のセキュリティルールに従って、パスワードを変更することもできます。 保護されたユーザー. これに対するクエリは次のとおりです。

UPDATE wp_users SET user_pass = MD5( 'new_password')WHERE user_login = 'youruser';

この特定のパスワード変更コマンドの場合、コマンドは次のとおりです。

UPDATE wpc7_users SET user_pass = MD5( '$ tR0ngP @ s $ w03D')WHERE user_login = 'secureduser';

SQL管理者パスワードの変更

押す 行く そして成功メッセージを待ちます:

SQL管理者パスワードの変更成功

スパムを削除

多くの投稿を公開し、コメントを開いたままにしておくユーザーにとって、スパムコメントの問題は非常に苦痛になる可能性があります。手動の承認でコメントをフィルタリングすることもできますが、承認していないものをすべてすばやく削除する方法を見つけたいと思うでしょう。方法は次のとおりです。

DELETE FROM wp_comments WHERE wp_comments.comment_approved = 'spam';

特定のケースに合わせてカスタマイズする場合、ここで説明します。

DELETE FROM wpc7_comments WHERE wpc7_comments.comment_approved = 'spam';

SQLスパム削除

注意:接頭辞は、一致する両方の場所で変更する必要があります。 wp_comments.comment_approved テーブルの個別のフィールドです.

成功した出力は次のとおりです。

SQLスパムの削除成功

未承認の投稿コメントをすべて削除

ある時点で、記事の公開を最終的に決定する前に、記事のコメントをフィルタリングして読むのにうんざりしていることに気付くかもしれません。そのためのコマンドがあります:

DELETE FROM wp_comments WHERE comment_approved = 0

なお、 comment_approved このタブは不変のテーブル内のデフォルト関数を表すため、セクションを変更する必要はありません.

変更されたコマンドは次のようになります。

DELETE FROM wpc7_comments WHERE comment_approved = 0

SQLの未承認のコメントの削除

完了すると、正常に実行されたコマンドの通常の結果を確認できます。

SQLの未承認のコメントの削除成功


指示に従うと手動で行うよりも時間がかかるように見えるかもしれませんが、そうではありません。ウェブサイトが大きくなるほど、それに費やす時間が長くなります。 1つのアクションが10の投稿に対して別々に実行され、実行に費やす時間が10倍になる.

したがって、実際には、これらのコマンドを実行することで貴重な時間を大幅に節約し、コンテンツの計画やインスピレーションのアイデアの検索など、より重要なことにこの時間を使用できます。.

ハッピーブログ!

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me